全軸サーボ精密スプリング成形機 - FP-S1008

精密スプリングの先駆け
FP-S1008は全サーボ制御により、操作は簡単であり、0.1‐0.8線徑の各種スプリングを専門として生産します。特許設計である独立回転構造は、クイック折角装置を軸芯とそれぞれ独立して回転できるようにすることで、細線加工時の高精度と高い安定性を実現させることができます。
モデル : FP-S1008

FP-S1008


前書き:
この装置はフルサーボで制御され、操作が柔軟で便利です。これは、線径0.1〜0.8のさまざまなタイプのばねの製造に特化しています。シャフトコアと角度モジュールの特許取得済みの設計は、分離されており、互いに独立して駆動および連携します。デュアルトランスミッション構造は、360度のあらゆる空間ですばやく角度を付けることができます。 、カッター、巻き取り機能、自由スライドシートの左右移動と曲げ角度の機能により、同じ線径のトーションスプリング、コンプレッションスプリング、ダブルトーションスプリング、異形スプリングなどを実現し、ファイル番号を呼び出すことで同時に1つの機器を共有 生産を開始し、繰り返し調整の時間を節約し、生産効率を向上させることができます


 製品特徴

● 山洋電気の高解析サーボ電機と京微の16軸制御システムを備えたことにより、ワイヤー材を変えない場合、プログラムを通して直接異なるスプリング製品を生産することが可能になり、設定に有する操作時間を省くことができます。
● クイック折角装置は素早い回転の折角機であり、最短時間の折角加工とロール加工ができるようになり、従来の加工動作過程の限界の超越が可能になりました。
●  一体型のワイヤー送線機により、機械の強度と送線精度を確保することが可能になり、送線の安定性を上げることができました。

● 平行移動スライダは、単一のスライダが曲線定規と折角刀を同時に有することにより、ダブルトーションスプリング、異なる形状、多折角スプリングをより簡単に生産することができます。

● 全サーボスライダは、カムの配置と調整の困難を省き、効率を20%~200%上げることができます。

型番

FP-S1008

加工線径範囲

0.1 ~ 0.8 mm

スライドストローク

0.01 ~ 70.00 mm

ワイヤー線送量(長さ)

0.01 ~ 99999.99mm

ワイヤー線送り速度

0 ~ 90 m/min

スプリング最大外径

50 mm

スプリング最大足長

50 mm

回転角度

±0.1 ~ ±360.0°

電源

3-phase 220VAC

機器サイズ

1450x奥行き750x高さ1650 mm

機器重量

625 Kg     1375 lbs.

制御装置

京微サーブ制御システム(最大16)

標準配置11

7 xサーボスライダ

1 x送線システム

1 x軸芯回転

1 xクイック折角装置

1 x平行移動スライダ


オプション装置

サーボスピナー(S)

シングル外型巻線装置

平行移動スライダ(M)

シングル機能:左右平行スライド移動

平行移動スライダ(M1)

ダブル機能:平行スライド移動とプレス動作

カスタマイズ クイック折角装置

クイック折角装置の高さを上げ、軸芯を長くします。

有線リモートコントローラ

機械操作を補助するハンドル式電機コントローラ


類似製品

FU-205 數控波特萬能彈簧成型機

FU-205 數控波特萬能彈簧成型機

ODM-2000

ODM-2000